ボトックス治療で小顔美人になろう【楽に問題を解決したい】

筋肉性のエラがある

看護師

術後の経過の診断

ボトックスでの小顔治療に向いているのは、筋肉によるエラによって顔が大きく見える人です。エラには筋肉によるものと骨格によるものの2種類がありますが、ボトックス治療は筋肉性のものに効果を発揮します。一方、骨格によってエラが張り出している人がボトックスの施術を受けても、ほとんど効果は現れません。奥歯を噛みしめるとエラの部分が大きく盛り上がるなら、筋肉性のエラであるためボトックス治療で大きな効果が期待できるでしょう。また、ボトックスは根気良く治療が続けられる人にも向いています。なぜなら、効果の持続期間は3ヶ月から半年程なので、定期的に治療をする必要があるからです。1年に2回から4回のゆっくりとした治療ペースですが、面倒になってくる人もいるようです。ただ、継続して治療をすると効果の持続期間も長くなり、最終的には半永久的に筋肉を委縮させ小顔をキープできるようになります。6回ほど継続すると元に戻らなくなるので、せっかく治療をするのなら頑張って恒久的な小顔を手に入れましょう。小顔ボトックス治療を受けたクリニックで提供されるサービスは、それぞれにクリニックで異なります。最も一般的なサービスとしては、術後のアフターケアです。ボトックス治療を受けた後に肌が赤くなったり、腫れたりするなどの症状が出た時には医師に診断してもらい、適切な処置がしてもらえます。また、術後2週間ほどすると経過を診断してもらい、効果が薄い場合は再びボトックスの注入が行われることもあります。また、ボトックス施術を割安な料金で受けたい人には、モニター制度を実施しているクリニックもあります。治療経過を症例写真として撮影されることなどが条件となりますが、無料もしくは格安な値段で施術を受けることが可能です。顔写真はなし等の配慮が行われるクリニックもあります。興味のある人は訪ねてみると良いでしょう。ボトックス治療に関しては、小顔施術の他にしわの軽減や部分痩せ、わきがや多汗症の治療などのメニューが用意されています。小顔以外でコンプレックスがある場合は、相談することができるでしょう。

Copyright© 2018 ボトックス治療で小顔美人になろう【楽に問題を解決したい】 All Rights Reserved.