ボトックス治療で小顔美人になろう【楽に問題を解決したい】

施術後のケアは大切

女医

半永久的な効果を得られる

小顔にする整形施術はたくさんありますが、その中でも最も手軽にできると評判なのがボトックス注射による施術です。注射という簡単な方法で行えるうえ、副作用もほとんどない事が魅力ですが、事後のケアによって腫れや出血を引き起こす可能性があります。ボトックス注射による小顔施術は、経験豊富な医師に施術してもらえば内出血が起こる心配はありませんが、術後に注射部分を触ったりマッサージしたりするなどして刺激を与えると、内出血が起こることがあります。また、飲酒や激しい運動、入浴などで血行を促進した場合にも、同様の症状が起こりかねません。ボトックスは熱で分解されやすく、体温の上昇は効果を薄めることもあるため、飲酒や入浴、運動などは念のため3日程控えるのが無難です。体に負担をかけない生活を送るように心がけましょう。この事さえ守っていれば、安全に憧れの小顔を実現することができます。効果の持続期間は3ヶ月から6ヶ月なので、そのままの状態をキープしたいなら半年ごとに施術を受けると良いでしょう。ボトックス注射で小顔矯正をする目的は、筋肉によるエラを委縮させて小さくすることが最終的なゴールとなります。しわ取りの施術とは違い、小顔施術は何度か繰り返すうちに筋肉が委縮したままになり、半永久的にシャープなフェイスラインを手に入れることができます。筋肉の発達具合によって完全に委縮させられるまでの回数は異なりますが、6回から7回で恒久的な小顔を手に入れられるのが一般的です。また、ボトックス注射が利用されるのはダウンタイムが必要ないことも大きな要因となっています。骨削りやフェイスリフトのような大掛かりな小顔施術は、ダウンタイムに1ヶ月以上かかるため仕事を休むなどのスケジュール調整が必要ですが、ボトックス注射なら施術を受けたその日からメイクもできるため仕事にも日常生活にも影響を与えません。忙しい人でも、ほんの15分から20分の時間があれば施術を受けることができます。効果も徐々に現れるため、周りの人に気付かれずに小顔になれる理想的な施術といえるでしょう。

Copyright© 2018 ボトックス治療で小顔美人になろう【楽に問題を解決したい】 All Rights Reserved.